読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

女の子の時間。

私にも休日に会う友達がいる。

彼女と過ごすのは楽しい。

出会った頃の自分と変わらずにいられる気がする。

年齢を重ねても、環境が変わっても、根本のところで、私達はよく似ている。

でも、口に出して、私達、似ているよね、なんて言えない。

彼女がそれを嫌がるかもしれない、と思うから。

似ているけど、やっぱり全然違うから。

私は彼女が羨ましいし、時々、妬ましい。

すらりとした体型はもちろん、人当たりの良さとか、素直さとか、周りに愛されてる感じとか、可能性とか。

彼女はきっと否定するし、そんなにいいものじゃないよ、と言うだろうけど。

ないものねだりというやつだろう。

私は彼女が大好きだし、彼女といる時の自分も好きだ。

何も考えずに、女の子でいられる。

何もかも話すわけじゃないし、時々失言だったな、と思うこともあるけれど、素でいられる。

素の私は女の子でいたいらしい。いくつになっても。ほうれい線が気になっても。

そうだよね、わかるわ、って言い合えるのが嬉しい。

服の話や、メイクの話、恋愛の話。

他愛のない、とりとめのない、尽きない話。

異性にしか埋められない穴があるように、同性でしか満たされない部分が、確かにある。

私達は、いつまで女の子でいられるかしら。

彼女がいれば、きっと最期まで。

 

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題

 

 

ガール (講談社文庫)

ガール (講談社文庫)