読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

それだけなら渡せる。

休日が日曜しか無いので、限りある時間を有効に使うべきなのに、完全に無駄に過ごしました。

前日の土曜に帰宅すると、一通のハガキが届いていました。それは、赤十字からで、献血登録をしている私に、献血しに来てね☆という内容でした。

そういえば、以前に献血したのは、4ヶ月ほど前。新しい献血ルームが出来たの言うので、様子見がてら行くことにしました。それが、まさか、あんなことになるとは・・・。

日曜日は、起きたら11時を過ぎようとしていました。とりあえず、溜まっていた洗濯物を洗い、ベランダに干しました。快晴だし、日が落ちる前には帰ってこれるだろうし、大丈夫だろうという判断でした。

それから支度をして、昼ごはんを食べて、新しい献血ルームへ向かいました。

そこは、ターミナル駅に近い大きなビルの中にありました。そのターミナル駅には他にも近い場所に2ヵ所あるので、3カ所目というわけです。渋谷や新宿でも2ヵ所なのに。横浜の人はどんだけ献血好きだと思われているんだろう。

エレベーターで献血ルームの階に行くと、そこは、おしゃれなカフェのような作りで、窓からの景色も良く、他の献血ルームとは違う雰囲気。個人的に嬉しかったのは、マンガや本や雑誌などの読み物が充実してることですね。

秋葉原献血ルームに行った時も、そのオシャレさと広さに驚きましたが、ここも同じぐらいの広さでした。が、もっと驚いたことに、そこに座りきれないほどの人が来ていたのです。私が受付した後も、ひっきりなしに人が来ていて、ロッカーが満杯になるほどでした。

献血ルームにも開店フィーバーってあるんだね。知らなかったよ。結局、受付、問診、献血それぞれ、1時間から30分待ち。13時頃に入って、出てきたのは17時過ぎ。4時間、漫画読んでコーヒー飲んで、血を抜かれてTV見てました。

まぁ、家で同じようにゴロゴロするなら、血を抜かれてる方がまだ罪悪感無いよね。

ただ、悲しかったのは、献血ルーム側の予想以上に人が来たためか、記念品的なものを開店記念のミンティアしかもらえなかったことです。今まで、なんか色々もらえるのが嬉しくて、半分はそれ目当てで行ってたので、残念でした。最後のカウンターの向こうにある冷凍庫をジッと見つめてしまったよ。多分、中身は空なんだろうけど。

せっかく居心地の良い献血ルームが出来たので、来月も行くつもりです。成分献血なので、短い間隔で行けるのです。その時こそ、せめてアイスをもらえるといいなぁ。

ごめんなさい。全然ボランティア精神じゃない不埒な気持ちで献血してます。

帰宅したら、洗濯物は乾いてたけど、冷たくなってて、ちょっと悲しかった。来月行くときは、部屋干しすることにしよう。そうしよう。