読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

さようなら、はじめました。

ここ数年、春になろうが年が明けようが、何も終わらず、何も始まらず、特に何も変わらない毎日を過ごしすぎて、忘れてたんですけど、春は別れの季節でもあるんですよね。

私の、可愛いあの子が、退職しちゃいました。

ほんま、びっくりポンや。思わず、似非関西弁が出るぐらいには驚きました。

実は、結構前から、辞めたがっているのは、知ってました。昨年末ぐらいから、今年中に辞めようとしてることも知ってました。だから、実際のところ、辞める話を聞いた時も、なんで?と言うよりは、決まったかー、という感じでした。

それでも正直、寂しいです。同じタイミングで、お そ松さんも終わっちゃうし、私の萌の供給源が、立て続けに絶たれるなんて。つらたん。

先日、他に定年退職される方と、最近、派遣として出向されてきた方を含んだ歓送迎会がありました。今まで、若い人が辞める時に慰労会なんて開かれて来なかったから、定年退職される方がいなければ、そういう場を設けられることも無かったはずなので、いいタイミングで辞めるね、と思いました。また、辞める理由が、単純に転職とか、今の職場が嫌で、ということではなくて、夢を叶える為とかいう、非常にオジサン受けしそうな理由なのも、笑って送り出せる要因なのだと思います。若干薄ら笑いっていうか、せいぜい頑張って売れてみせろよ的な、上から目線な励まし方をされてましたが。しかし、話を聞く限り、まったく遠い夢でもなく、とても現実的な活動の話だったので、多分、何かしらの形で結果が出るのも、そう、遠くないことなんじゃないでしょうか。多少の期待も込めて、そう思ってます。

 本当はガチで課金しながら間近で応援したいんだけど、時間とお金が許してくれないし、そもそも、特に思い入れもない会社の、特に仲良くもない既婚の先輩が、応援と称してグイグイ近づいて来るのは、恐怖じゃないのか、とか考えると、とりあえず、ネットストーカー的にSNSのチェックから始めようかなとか目論んでます。十分怖いか?

っていうか、FBの方だと実名晒してやらなきゃいけないから、モロバレ必至なんだよな。ツイッタの方は身バレせずに出来そうかな。IDでバレそうな気もするな。新しいアカウント作ろうかしらん。おそ 松さん関連でもフォローしたい方いるけど、フォロワーにリア友もいるから躊躇してたんだよね。・・・いや、ちょっと待って?普通、自分がフォローしてる人が誰をフォローしてるかなんて、チェックしなくない?RTしまくらない限り、自分のフォロワーにバレることなくない?自分がたまに、フォローしてる人のフォロー対象、見たりするからって、余計な心配してたわー。てへぺろ

まぁ、応援する側として出来ることって、お金を使うことだって『2DK』のおとなりさんも言ってたので、タイミングが合えば、直接応援しに行ってギョっとされよう。その時は、一人じゃなくて、同僚連れて行けばいいんだな。っていうか、旦那と行けよって話ですよね。

しかし、せっかく目の前の席に座ってくれてたのに、急にいなくなるなんて、寂しいわ。もう、仕事中にちらっと盗み見たり、ふとした時に香る柔軟剤の匂いを嗅ぐこともできないのね。願わくば、来月から入ってくる新入社員に萌えの対象になるような可愛い子が入ってきますように。求む、目の保養。

それを言うと、旦那で我慢しとけよ、みたいな感じかもしれませんけど、私にとっての旦那は、可愛くはあるけれど、萌ではないんだよな。あと、もう家族になってしまったから、どこか、敵のようにも思ってる。私にとって家族ってそういう感じなんだよな。何をしても、離れない存在っていうか、好きとか嫌いとかとは別次元の存在。言葉にするのは難しいけど、絶対に切れない繋がりを持ってる相手っていうのかな。まぁ、夫婦は切ろうと思えば切れますけどね。実際、実の両親や兄妹とはとても、疎遠にしてますし。でも、会えば、何事も無く普通でいられるんだろうなって確信してる。そういう感じ。私にとっての萌は、もっと刹那的で刺激的で、全然何気なくいられない感じ。トキメキとか恋に近いような感じ。そして、一方的な感じ。それでも、満たされるようなもの。今、言葉にするとそういう表現になるかな。

とりあえず、可愛いあの子は目の前からはいなくなったけど、見ようと思えば見れそうだし、お そ松さんは二期目があると信じてるので、別れの寂しさを噛みしめて、新しい出会いに大いに期待したいと思ってます。お花見したい。