読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

重ねた先に思うこと。

新年を迎えて、一つ年を取りました。数え歳じゃありません。1月生まれです。

また一つ年を取ってしまいました。何も成さずに迎えると年を重ねた実感がまるでありません。でも、せっかくなので、誕生日をキッカケに新しいバレエ教室に入会しました。結局見学は行かずにネットで情報を集めて比較して、入会金が他より安く、且つキャンペーン中の大手バレエスタジオにお世話になることにしました。

今までは月謝を払って、カルチャースクールのクラスに所属してましたが、今回はチケットを買ってオープンクラスに参加するスタイルにすることにしました。

基礎クラスという初心者向けのクラスを受講しましたが、今までストレッチとバーレッスンが中心だったので、センターはあんまりついて行けませんでした。

それでも、先生に、まぁ大丈夫でしょう、と言って頂けたので、とりあえず通うと決意しましたが、あんまりにも辛かったら、もっと易しいクラスを選べばいいのかな、と受講案内を見直すと、オープンクラスには基礎以下のクラスがありませんでした。

あれ?と思ってメンバー固定のカルチャークラスの案内を読むと、入門からステップアップして、オープンクラスに参加できるようになりましょう。の一文が・・・・。

てっきり、オープンクラスとカルチャークラスというのは、通い方が違う並列したものだと思っていたのですが、まずはカルチャークラスで習って、できるようになってから、オープンクラスに参加する流れが一般的だったようです。マジかよ。気づくの遅かったよ。もうチケット10回分買っちゃったよ。少なくとも2ヶ月通えちゃうよ。どうりでついていけないと思ったよ。

というわけで、順番は逆になりますが、チケット消化してから、次のクールのカルチャークラスに潜り込むことにしようと思ってます。丁寧に教えてくれる先生だったけど、やったことないのを見よう見まねでするのは結構キツイので。で、カルチャークラスで一通りできるようになったら、また適当にオープンクラス通って、最終的にはポアント入門まで辿り着きたいな。何年通えばいいのかな。40歳になるまでには、ポアント挑戦したいな。

今年は結婚してやっと初めて旦那と一緒に誕生日を迎えられました。と、言っても平日ですし、私はバレエに行ったので、先週末に食事に連れて行ってもらって、当日はケーキを食べました。今年は32歳なので、TOPSのチーズケーキのミニサイズにしました。32(みに)だけに・・・・。来年はミミガーでも食べようかしらね。ちなみに旦那に言ったら爆笑されました。普通に考えることだと思ってたけどな。

どんどん、何歳になったら、何をしようとか、何歳までにはこうなろう、みたいな考えから遠ざかってる気がします。逆に、何歳にはできなくなるとか、何歳ではもう遅いみたいになってくる。加齢が、成長じゃなくて衰えになってきてるんですね。若ければ若いほうがいいってことでもないのは、わかっているけど、選択肢がどんどん狭まっていくのを思うと、やっぱり可能性が無限に近い若さっていいよなって思ってしまいます。選択肢が少ないのはすでに何かを得ているということでもあるんだけどさ。無いものねだりですね。

32歳の目標は、新年の目標と変わらず、痩せる。新しいバレエ教室でお稽古に励む。節約。あと、生活のことをもう少し見直す。貯金とか、保険とか。いい加減向きあわないとな。それから、最近、めんどくさいが口癖になってるから、もう少し前向きな口癖になりたい。しょうがねぇ、やるか。ぐらいでいいから。めんどくさいと思ったら、口にだすようにしよう。めんどくさい、でも、しようがない、じゃぁ、やるか。それで少しでも前に進めるなら、その方がいいや。黙ってたって座り込んでたって時間は平等に過ぎるんだから、それなら、少しでも動くことを選ぼう。

目標を立てている時は、比較的前向きに考えられるんですけどね。嫌なものは嫌だし、面倒なものは面倒。時々は堕落して、諦めて、うっちゃってしまうこともあるけどね。それでも、姿勢を正して前向く時間を作ることは大切さ。区切りって、私には結構大事なことみたい。また、姿勢を見直すいい機会なんだろうな。ちょっと立ち止まって、これで大丈夫?って自分に問いかけて。まぁ、ごちゃごちゃ考えてもしょうがないでしょ、とりあえず、一歩出すよ、って思いきれる、いい機会。継続とかになると、また話は別なんだけどさ。キッカケがないとダラダラするばっかりだから。1月生まれで良かった気がする。

結局、旦那からは、おめでとうも何も言われなかったけど、会社の上司とか、メルマガとか、友達からのラインとかで沢山言ってもらえて、やっぱり嬉しかった。衰えが始まってても、やっぱり誕生日は嬉しいです。

あ、プレゼントねだるの忘れた。