読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

叶えるために払うもの。

夫が多忙を極めているおかげで、割りと自由にさせて頂いてます。まぁ、夫のいない時間で何をしようが私の自由だろう?と思ってるんですけど。それでも、最低限、夫の帰る時間には家にはいますし、ご飯もお弁当も作ってるので、私としては、そこまでダメな妻だとは思ってません。なので、たまには夜に一人で出かけてもいいだろうと、夫に断りを入れてから、夜に出かける予定をいれたんです。

まず、◯日の夜に、〇〇があるから、出かけてもいい?と聞いたら、もちろん良い顔はされず。「ダメって言っても行くんでしょ?」「〇〇なんて、下らない。行かなくていいんじゃない?」などの呪詛を吐かれましたが、スルーして言質は取りました。

予定を入れた日の前日ぐらいになって、思ったよりも帰りが遅くなることがわかったので、それも、報告したのですが、家を出る段になって、「え?帰った時だけじゃなくて、家出る時もいないの?最低。」と言われ、まぁ、急な予定変更は私が悪いけれども、たった一日のことで、なんで、そこまで言われなきゃいけないんだろうと思いましたよね。

当日、一度家に帰ってから出かけ直す予定だったので、用意をしてると夫から帰るコールがありました。これから、出かけるところだと言うと、「夕飯は?」と聞かれ、作ってないと言うと、「普通作っていくだろう?」などと言われました。普通に、作っても、温めるのも面倒で食べないでいるような人なので、作らなかっただけなんですけどね。

それでも、私の出かける先が、電車だと行きづらい場所だと知ると、車で送ることを申し出てくれました。優しくない人じゃないんだよ。ただ、自分を最優先してほしいだけなんだよね。知ってるよ、でも無理。

そんな感じで、夫と多少険悪になりながらも、行きたかったのは、映画のエキストラです。詳しいことは省きますけど、夢は叶いました。ただ、めちゃくちゃ辛かった。

映画のエキストラをやるのは2回目です。前回は、『何者』という映画の撮影に参加しました。公開されても見に行かなかったので、映ってるかわかんないんですけど、DVD出たので、そろそろ確認がてら見ようかな。三十路過ぎてたけど、就活生のエキストラやりました。あの時も、そこそこ拘束時間長くて、辛かったけど、その比じゃなかった。

そもそも、最初は夜から明け方ぐらいって聞いてたんですよ。なので、会社帰りにフラっと行って、電車あれば帰れるかな、ぐらいに思ってたんですけど、本番数日前に届いたメールには、撮影の終了時間が翌日昼頃となってて、二度見しました。

正直、迷いました。そんなに長い時間耐えられるのかなって。でも、どうしても参加したい理由があったし、長く参加した方がいいだろうとも思ったので、徹夜参加を決めました。結果、行って良かったです。めちゃくちゃ身体は辛かったけどね。

今回は、普通に通行人役だったので、ほぼ普段通りの格好で集合場所へ行きました。割りと大人数の募集で、普段人が集まらないような場所で固まってたので、道行く人にめちゃくちゃ注目されて、ちょっと恥ずかしかったです。前回参加した時も、大人数が集まる現場で、めっちゃ行列してたので、道行く人に「これ、何の列?」って聞かれましよ。

とりあえず、通行人役だったので、撮影中は歩きまくりました。普段、ウォーキングでもこんなに歩かねぇぞってぐらい歩きました。帰宅した頃には、足がパンパンになりました。

途中、待機という名の休憩もあったので、ずっと撮影しっぱなしということでも、なかったんですが、普段寝てる時間に起き続けてるだけで、キツかったです。

ただ歩くだけ、さらに長めの休憩アリのエキストラに比べて、働き通しのスタッフさん達って、体力ないと大変だろうなって思いました。もちろん、俳優さんも。

そう、どうしても行きたかったのは、出演俳優さんに会いたかったからです。最近の夢だったんですよね、その俳優さんに直接お会いするのが。で、集合2時間後ぐらいで、夢叶っちゃいました。まぁ、会うというよりは、見るぐらいな感じでしたけど、でも、エキストラに募集した段階だと、俳優さんがその撮影に来るかどうかも分からなかったので、見れて本当に良かったです。徹夜した甲斐がありました。

実は、『何者』の撮影に参加した時も、主演俳優さんを間近で見るという体験をさせてもらったので、今回も期待していなかったと言うと嘘になるんですが、『何者』の時が、マジで2~3歩の距離の目の前だったのに対し、今回は、数歩の距離に近づけたのは撮影中の一瞬だけで、あとは、数十メートルの距離で見かけるという感じだったので、声を聞くことも叶わず、その辺は、正直、不満です。

何しに行ってんだって言われそうですけど、同じ理由で参加してる女性も多かったみたいで、俳優さんの撮影中は遠巻き女子が鈴なりになってたので、許して欲しい。

それにしても、こんなに早く夢が叶うとは思ってなかった。叶うとしたら、舞台とか観に行った時だと思ってたので、こんな方法もあるんだなという感じです。つくづく上京してきてよかったわー。

帰宅後は、即寝して、夕方に起きたけど、夜も普通に寝て、翌日も、一度は起きたものの、昼まで寝ました。体力ないので。

数日は、夫に「夜中に夫置いて出かけるとかありえない。」とかなんとか言われましたけど、たかだか一晩のことでごちゃごちゃ言いうんじゃねーよ、と思いつつ、まぁ、俳優さん見れたから全て良しだなという気持ちです。

ごちゃごちゃ言いつつ、希望を聞いてくれるんだから、良い夫なんじゃないかとも思います。今回は、まぁ、思い余ってというか、勢い余って参加したところもあるので、今後は、夫の出張中とかに集中的にそういう機会を狙っていこうと思ってます。しばらく出張なさそうだけどね。

あ、夫には某俳優さんのファンであることは、まだ言ってないんだ。「どうして参加したいの?」って聞かれたときは、主演女優さんの名前を上げときました。

そのうちバレるかもしれないけど、積極的に話したくないぐらい、割りとガチ目に好きなものですから。今のところは内緒でお願いします。