読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

新春の明暗。

通常営業再開しましたが、やる気ありません。喪中なのに正月ボケ。冬休みボケかな。先日、ボケボケ仕事した後に、友人が出るレビューショーを観に、銀座まで行ってきました。すずらん通りにあるライブハウスで行われた、『クリスタル新春ショー』は、歌ありダンスあり、手話パフォーマンスありの、とても楽しいステージでした。

ワンドリンク付きだったので、始まる前に一杯飲めるのも嬉しいですね。私は、全体を見渡せる席に座りました。新春ショーは、男役さんだけのステージだったので、男装の麗人達を存分に堪能できました。

今回は、応援グッズとして、サイリウムを配っていただき、それを振り回しながらの鑑賞でした。やっぱ、サイリウムいいわ。楽しい。応援グッズって重要だなって思った。自分は、あまりライブとかコンサートとか行ったことないんですが、唯一、グッズまで買う椎名林檎さんのライブでは、手旗を振るのがお決まりで、曲に合わせて振るだけで楽しい。いつも、一人で行くのですが、手旗を振ることによって、会場との一体感を味わえます。クリスタルのサイリウムも然り。

レビューショーは、どちらかというと、静かに鑑賞、たまに手拍子、そして拍手が基本の鑑賞スタイルのようですが、時々、物足りない気持ちになります。もっと一緒に盛り上がりたい!という気持ちを汲んでくれたのかどうか、サイリウムですよ。

サイリウム、振ってるだけで楽しい。盛り上がってるよ!楽しんでるよ!って気持ちを、サイリウムに込められるのが、嬉しい。ライブって、一方的に見て、受け取るだけじゃなくて、観客としても伝えられるものがあるのが、醍醐味だと思うんですよね。

レビューショーの内容としては、和装から始まり、新春らしい景、冬っぽい景など多彩な感じで、2時間あっという間でした。クリスタルは、衣装が凝ってて、和装でもすごいキラキラしてるのが、若々しくて好きです。今回が、クリスタル初参加という方の、キツネのお面を被っての景は、迫力あってすごかったなぁ。お面を外すとこで、鳥肌立った。とても、ご自身の魅力をわかってらっしゃる方だと思ったんだけど、実際どんな方なのかは、友人に会った時に、教えてもらおう。

友人のソロパートも、かっこよくて素敵でした。地声が高い子なので、歌声が可愛くなりがちなんですが、今回は、少年ぽい感じで、かっこよさが滲んでましたね。

スマップのメドレーの時の衣装なども、完全にジャニタレぽくて、全体的にアイドル味が増してた気がするよ。セクシーとコミカルは、もっと何も考えずに出来れば、本人として楽なんだろうなと思いますが、その衒いがあるのが、彼女の魅力の一つでもあると思うしなぁ。何でもかんでも完璧に出来なくてもいいんですよね。観てる側としては。

今回は、いつもカッコイイ、セクシーキャラで攻めてる方が、金髪ロン毛の王子?貴公子?的なキャラで踊る景もあって、わりと挑戦してるなと思いました。アイドルっぽく爽やかに歌う景も素敵でしたけど、その後のロックナンバーでワイルドに踊ってる方がめっちゃ、生き生きしてましたよ・・・。

今回は、自己紹介パートで写真を使った動画が流れたんですが、それぞれの宣材じゃない写真が、皆さんカッコよくて・・・。友人の写真も完全にアイドルかヅカのオフショットでしたよ・・・。多分、何気なく撮られたんだろうなぁ。その辺の裏話も後で聞こう。

休憩時間には、手話パフォーマンスでPPAPをやるなど、ユニバーサルパフォーマンスを目指していらっしゃるクリスタルですが、手話パフォーマーの方の歌は本当にすごいです。体の中に音楽が流れてるのがよく分かる。どうしてって思うぐらい歌と一体になって、全身で伝えようとしていて、それが、すごく伝わってくる。手話って、当たり前だけど、言葉の可視化、気持ちの可視化なんだよなってことが、よくわかりました。

エンディングに向かうまでの盛り上がりも、すごく楽しくて、個人的に大好きなシング・シング・シングが使われてたり、最後のクリスタルのテーマソングで皆でサイリウムを振り回したりして、めちゃめちゃテンション上がりました。

ただ、観終わって、ああ、楽しかった!って思って、何気なくスマホ確認したら、旦那から「鍵忘れて家に入れない。」ってラインが来てて、動揺してしまって、せっかく挨拶に来てくれた友人と、ちゃんと話せませんでした。

銀座から家まで1時間以上かかるんで、気持ちだけ焦って電車に揺られてたんですが、途中、同じ車両の中で急に人が倒れて、次の駅で停止ボタンが押され、車輌から搬送されるというアクシデンツがあり、若干遅れて到着しました。車両内で、突然倒れる人を見るの2回目です。座席の端と端ぐらいの距離があったし、間に人も沢山いたので、詳細わかりませんが、無事だといいんですけど。倒れて、周りの人が声を掛けられてて、わりとすぐに次の停車駅に着いたので、すぐに停止ボタンを押され、駅員さんが来て、車輌から運び出され、そのまま搬送されたようで、なんていうか、デキル人が多いなと、ぼんやり思ってた役立たずです。数分遅れですぐに電車が動いたのは、デキル人たちのおかげでした。ありがとうございます。

こちらも無事に旦那と合流し、旦那を家に入れることが出来ました。旦那は、いつもより比較的早く帰って来ていたので、3時間ぐらい家に入れなかったわけですが、財布はあるので、ご飯は食べられたし、車なので、寒さに耐える必要もなく、ただ3時間待ちぼうけてただけっちゃ、だけ。私が鍵を失くした時は、旦那が海外出張中で、誰も帰ってこないし、帰宅したのも夜中だったので、どこにも行けず、家のドアの前で夜を明かしたので、それに比べれば、全然大したことないと思います。

まぁ、5時間睡眠で翌日も早朝から働きに行かなきゃいけないのは、可哀想かなと思いますが、私もそれに合わせて起きますからね。先に起きて弁当の準備しますからね。そのあと、二度寝はしますが、私も出勤しますからね。出勤しても、ボケボケ仕事するだけなので、現場作業してる旦那のほうが、やっぱりちょっと、可哀想かな。

私が、男装の麗人達にキャーキャー言ってる間に、疲れて帰ってきてるのに家にも入れず、汚れた服装のままでコンビニで時間つぶしてたらしいんで、自業自得とは言え、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。ごめん、めちゃめちゃ楽しかった。