読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

終わりの始まりが終わる。

自分がどこへ向かおうとしているのか分からない。

単なる収集癖なのかもしれない。コンプリートしたいだけで、手に入れてしまえば興味がなくなってしまうような類のものなのかもしれない。

あの人を好きになっていなければ、絶対に入ることのないような、超高級店に行ってきた。それが、いいことなのか、わるいことなのか、今の私にはわからない。でも、やっぱり申し訳ないような気持ちになるから、好きなら、何をしても許されるなんて思ってはいけないんだろう。

元同僚の年上女性と二人でご飯を食べる機会があった。いつも女子会で会うだけで、二人きりは初めて。少し緊張していた。でも、趣味の話で盛り上がり、私は懺悔のように最近の自分を語った。でも、何に、どのように嵌っているのかは、とても口にできなかった。まだ好きになってから、3ヶ月ぐらいしか経っていないんです、と言うと、もう、3ヶ月経ってるんでしょ?と言われ、毎日のように顔を思い浮かべては、好きだなって思うんですと、告白すると、恋だね!と言われました。ああ、逃げ恥のEDが聞こえてくるようだよ・・・。自分でも、まるで恋のようだと思っていたけど、人が聞いても恋だと思うのなら、やっぱり恋みたいです。そうか、恋なのか。

こういう種類の恋は、もっと若い時に済ませておくべきだったと思う。何故、今なのか。なまじ、時間とお金がある上に、行動に出やすい地域に住んでいることが、尽く裏目に出ているような気がしてならない。

悪いことだと思っているのだろうか。それは、罪だと。いや、そんなことはない。誰かが、同じ事をしていても、きっと、そういうこともあるよね、気の済むまでおやりなさいと、思うだろうし、それが知り合いであれば、直接そう伝えるだろう。悪いことではないよ、と。

では、何故自分は、こんなにも後ろめたいのだろう。既婚だから?三十路越えてるから?夢見がちだから?今更だから?多分、その全てだと思うけれど、結局は、不埒で下品に腐っていることを、実在の人物に対して考えてしまうからだろう。頭の中は自由なのだから、相手に対して、はっきりと表明したり、表現しなければ、罪悪感を抱く必要はないはずだ。好きなら何をしていいわけではないけれど、好きなだけなら、罪はない。そう思わないと、やってられない。

何故、今なのだろう、とは思う。今まで見てなかったものが見えてくるのが怖い。どうして、今まで気づかずにいられたのか、わからなくて怖い。

どうしてだろう、これまでの一人の時間とは、まるで違っている。旦那の出張先が違うからだろうか。今まではなかった時差があったからだろうか。

何がそんなに寂しかったんだろう。むしろ、一緒にいた1年がそんなに負担だったんだろうか。自由を謳歌しすぎた。

帰省含めて、旅行3回。イベントに参加すること、5回。ライブ1回。お笑いライブ、予定含めて2回。映画2本、回数にして4回。買ったものは思い出せないし、使った金額は考えたくない。自分でも、どうかしてると思う。

寂しかったのか、取り戻したかったのか。

結局、半年で9Kg近く痩せた。やつれたわけじゃない。割りと、努力して痩せた。体重も体脂肪も減ったし、全体的にサイズダウンした。髪も切った。

変わりたかったのか、戻りたかったのか。戻るって、どの時点に?

そして、スクリーンの中の人に恋をした。気持ち悪いぐらいの落ちようで、SNSを眺める時間が増えた。出演する作品を観たり、写真が載っていると聞けば雑誌を買ったり、完全にファンとして、至極まっとうに楽しんでいる。でも、これは恋だと思ってる。

好きすぎて、気が狂うかと思った。虚構に嫉妬して、悲鳴を上げるなんて、今までの自分では考えられない。何かが足りなさすぎたのかもしれない。トキメキとか、性愛とか、そういうのが、足りなかったんだと思う。

あっという間だけど、長かった半年が、もうすぐ終わる。一人で過ごす休日は、あと1日しか残ってない。それはきっと、旦那を迎える準備で終わる。

帰ってきたら、違う意味で怒涛の日々の始まり。それも、少し怖い。

私は、どこに行けばいいんだろうか。