読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

あなたが遠くに行くのなら。

旦那の海外出張が正式に決まりまして。出発日決まったよ、と言われて、やったーと声に出しそうになりました。ヒドイ嫁です。半年の出張とか寂しすぎて耐えられないよう、とさめざめ泣いてた、あの頃の自分はもうどこにも居ないんだな。

っていうか、こう何回も出張行かれてると、いい加減慣れますね。旦那がいる時期といない時期がきっかり分かれてるってのも、悪くないなと思いますよ。船乗りとかと結婚すればよかったのだろうか。海自の方とか。マグロ漁船とか。似たようなもんですけどね。半年離れてる間に、旦那は働いてくれて、出張手当というマグロを持って帰ってくるわけですし。ハイリスク・ハイリターン。帰ってきたらしばらくお休み出来る船乗りと、日本は日本で仕事があるので、そう長くは休めないのが、全然違いますけど。そういう点では、船乗りのほうがいい気がしてきた。ああ、でもリスクは船乗りの方が大きいか。海だし。今のところ、旦那がマグロ漁船に乗る予定はありませんが、乗りたいって言われたら、止めないかもしれない。

昨年のG,W前に帰国してきて、来月出発予定なので、まる1年は日本に居たわけで、正直、長かったなって思ってます。長かった。疲れたわ。結婚してから1年以上一緒にいたの初めてだったし。旦那からしたら、何もしてないくせにって言われそうだけど、それでも疲れた。ちょっとここらで一休みしたかった。旦那は休むどころか、初めての土地で、慣れない職場で、慣れない人達と半年も仕事するわけだから、大変しかなくて、申し訳ないけど、やっぱり、ちょっと嬉しい。それでも、半年は長いけど。3ヶ月ぐらいが丁度いいけど。

とりあえず、旦那がいない間に旅行したい。友達とも行きたいけど、一人旅もしてみたいなと思って、行く予定の決まってない旅行日程を作成してしまうぐらい行きたいなと思ってる。こういうのも、取らぬ狸の皮算用って言うのだろうか。行きたいのは京都。京都はいつでも行きたい。一人だから、夜行で行って、朝風呂入ってから、モーニング食べて、東西の本願寺行って、平安神宮で写真撮って、京大行って、総長カレー食べて、鴨川沿いを歩いて、錦市場で漬物買って、京都駅でパフェ食べて、抹茶ソフト片手に551の肉まん買って、ホテル行って、ホテルのラウンジかバーで軽く飲んでから寝て、翌日は、ホテルの朝食とってから、伏見稲荷行って、お山めぐって、山頂で蕎麦食べて、京都駅に戻って、お土産物色して、松葉のにしんそば食べて、鯖寿司買って、新幹線でビールと一緒にいただきながら帰ってくるという、プラン。どうだ、気持ち悪いだろう?これだけ決めてても、行く予定、ないんだぜ?因みに、この内容で、自分が身動き取れる連休か土日で行くと5万ぐらいかかります。一人旅だと思うとちょっと勿体無い。友達と行くなら、全然出すんだけどね。友達とは東海地方に行く予定。こちらも詳細は何も決まってないし、希望だけど、多分行く。こっちのほうが実現しそう。

あとは、食べに行きたいものを週末ごとに食べに行ってたら、あっという間に半年経つんだろうなと思います。ダイエットもするつもりだけど、年齢とともに今までの経験が効かなくなってるのを実感してるから、難しいかも。でも、夏物のパンツが軒並み入らないから、必死でやらないとマズイのもわかってる。やれることやりますわ。旦那がいないと、夜に外食したり、炭水化物取る機会が減るから、それで体重も減ってくれたらいいなって思ってる。あと、旦那と団欒という名の、テレビ見つつゴロ寝してた時間を、運動に割り当てれば、多少は体型変わるんじゃないかと淡い期待を抱いてます。

あとは、バレエの講習とか丁度いいのがあれば、受けたいな。またピラティスも体験したいし、ジャズダンスもやってみたい。来月と再来月は友達の舞台があるから見に行くし、8月も舞台行く予定できたし、お盆は法事がありそうだから、実家に帰るだろうし、9月の連休あたりに友達と旅行したいし、10月も、多分、友達の舞台を見に行く予定。旦那の帰国予定は11月。 ほらね、あっという間。

今回は、初めての土地ということと、G,Wに全然休まなかったことを考慮して、わりと長めに準備期間をもらえたみたいです。半分ぐらいは実家に帰るらしい。私は仕事なので行きません。準備期間中にどんだけ金使って、どんだけケンカするんだろうなぁ。すでにノートパソコンを購入してるので6桁は確実。出張手当を当てにして買ってるから、これこそ、取らぬ狸の皮算用だよなぁ。まぁ、ある程度は取れるの必至なんだけど。

というわけで、来月から、旦那の愚痴日記ではなく、ヒトヅマの妄想日記になりそうです。ああ、京都旅行に同行且つ出資してくれるパトロンが欲しい。会社帰りに一杯奢ってくれる飲み友達が欲しい。寂しさを妄想で紛らわせながら、旦那の帰りを待ちつつ、自由を謳歌する日々の始まりです。

いや、まだ旦那、日本にいるわ。出発するまでは、嫁業頑張ります。多分。