読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

4年めの無花果。

 バレンタインデーを入籍日にしたのは、私の誕生日もなかなか覚えてくれない彼に、いつまでも覚えておいてもらうためだった。最初は、それこそ私の誕生日に入籍するつもりだったけれど、それを報告した際、私の母に「あなたの記念日が一つ減るみたいね。」と言われたので、日を改めた。

 彼と付き合うようになって、最初のバレンタインデーは、手作りのものが食べたいと言われたので、簡単にチョコパイを作ってみた。市販のパイ生地を使ったので、悪い仕上がりでは無かったと思うが、いつまでも減らずに冷蔵庫に入れていた気がする。

その翌年も、無印のキットを使って、スイーツを作ったはずだ。その次の年は、多分、彼が日本にいなかった。去年と一昨年は、彼が好きだと言っていたメーカーのチョコをあげた。

今年は何も用意しなかった。14日は日曜日で、一日中家にいた。13日は土曜だったけれど、彼だけ出勤していたので、用意しようと思えば、いくらでも出来たはずだった。でも、しなかった。

 14日の夜、寝る時に、彼がハグをしながら、これからも、よろしくね、と呟いた。私も、彼を撫でながら、よろしくね、と返した。

でも、彼が、まだラブラブだもんね、と言った時、どうしても、素直に同意できなかった。そうかな?と言ったら、彼は驚いたように、そうなの?どこが?どうしてそう思うの?と続けて聞いた。私は、やっぱりどうしても、はっきりとは口に出せず、何度か聞かれてから、ようやく、「だって、してないじゃん。」と言った。

彼は、やっと合点がいったように、「言われると思ってた。」などと呟き、「すればいいじゃん。」と言いながら、眠りについた。

たしかに、私から誘っていない。なにも行動を起こしていない。でも、彼も気がついていながら、行為がなくても、問題なくラブラブでいられていると思っていることが本当にショックで、涙が溢れた。私が問題だと、不満に思っていることを、彼が気にもとめずにいたことがショックだった。

 それからも、結局、誘えないままでいる。ネットで、レス夫婦の実録日記などを読みならが、当て嵌って落ち込んだり、そうじゃないところ見つけて、ほっとしたりしている。前々から、好きで読んでいたブログにもレスに関する記述があり、リアルタイムで読んだ時はなんとも思わなかったのに、数年越しに同じようなことに陥ってることがなんだか悔しかった。

その夫婦は子作りを理由にレスを解消するように妻側から求めていたけれど、相変わらず積極的に子供産みたいと思ってない私は、どんな理由でレス解消を求めていけばいいのかわからない。性欲解消したいだけなら、玩具でも買おうかと思う。コミュニケーションやスキンシップは変わらずにある。私は、セックスに何を求めているんだろう。セックスに対するファンタジーなら、多分私のほうが深い。ものすごく夢見がちだと思う。だから、彼に対する不満もあるし、何度か口に出したこともある。彼が聞き入れてくれたこともあるし、いつまでも変わらないこともある。身体の構造上、必ず受け身になるのは女性で、傷つきやすいのも女性だから、私の要望のほうが受け入れられて然るべきだと思っていた節がある。それは、私が求められる側だと思っていたからこそ、強気で出られているだけだったのだろうか。

 どうしてしないのか、まだ聞けていない。聞くのが怖いし、聞いて返ってくる答えは、多分、本当のことじゃないだろうなと思ってる。決めつけかもしれないけど、彼にもはっきりとした理由はなくて、多分、なんとなくの積み重ねで、私がこうなの?と言葉にすれば、なんとなくの中の、それに近いものを取り出して、そうだと、肯定するんだろう。そして、それは、私だけではどうしようもない理由ばかりで、結局、タイミングが合えばするってことで、合意みたいな結論を出して、現状変わらず、という結果が見える。見えるよ、ララァ。そして、多分、話している間に私は泣いてしまうだろうから、話し合いをするなら、休日前とかじゃないと無理だな。

4年目にして、こんな事態に陥るなんて、本当に思ってもみなかった。そんなこととは無縁でいられるんだろうと思っていた。けれど、多くの物事がそうであるように、いつの間にか、ひっそりと近づき、あっという間に習慣を塗替え、それが如何にも以前からそうであったかの如く振る舞われ、気がついた時には、元はどうしていたのか、思い出せないぐらい、戻るのが難しくなっている。ましてや、はっきりとした理由や原因が無いであろうことだし、解決には、性欲とか言うあやふやなものに頼らなければいけないのだから、余計に面倒くさい。

 4年前、割りと打算的に結婚を決めた。それでも、大前提として好きだから、結婚しようと思えた。それには、もちろん、セックスも含まれる。現代日本において、結婚するというのは、その相手としかセックスしないという契約でもある。そうでなければ、不貞行為が離婚事由になり得ない。私は、この先、彼以外とはしないことになっている。だったら、ちゃんと向き合わなければ、どうしようもない。彼に対する不満も私が伝えないと、誰も伝えてくれない。彼には私だけなんだから、私仕様になってもらわないと。それは、もちろん、お互いに。とりあえず、勝負下着でも買うかな。