読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

隣に居る休日。

旦那が帰国してきて早一週間。体調を崩しています。私が。風邪ひきました。めったにひかないのに。旦那が帰ってきた途端。溢れ出る鼻水。流れ落ちる鼻水。腫れる喉。うっすらと発熱。変わりない日常。響き渡る鼻をかむ音。ブビブビ。

旦那が帰ってきてすぐに旅行したりもしたので、疲れが出たんでしょうね。旦那がいると日常動作が増えるので、比例して休憩時間が減るし。疲れは溜まるわ。

私の場合は、一人の時に楽をし過ぎなんですよね。だから、旦那が帰ってきた時の日常が一人の時の2倍から3倍に感じられるんだわ。一人の時から、細々動いていれば、急に疲れないんだと思う。

とは言え、体調が悪化したのは、連休の終わり頃だったので、まだ良かったです。寝こむほどでもなかったし。流石に連休を延長はできなかったので、普通に出社しましたけど、大丈夫でした。

連休の前半には旅行をしました。その時は、そこまで風邪の予兆もなく、楽しめました。色々不安だったのですが、旦那も比較的機嫌よく楽しんでくれてたようで。良かったです。金使い過ぎたけど。

今回の旅行は、元々、私の母と行く予定で計画して、予約したものだったので、旦那の好みが一切入ってないようなものでした。それでも、旦那と一緒の旅行だと選ばない、電車移動や、観光バスツアーの参加などが功を奏し、行列や渋滞を逃れて、スムーズに観光を楽しめました。

旅行先は日光。東照宮や、中禅寺湖などを観光してきました。東照宮では、巫女さんがガイトをしてくれて、解説を聞きながら、中を見て回り、特別な部屋で祈祷をして頂き、お土産も色々もらえました。東照宮は、さすが、有名観光スポットという感じで、すごく混雑してました。道の関係で駐車場渋滞が半端なくて、本当に車で来なくて良かったなと思いました。一泊した旅館も、お料理が美味しくて、お部屋も広くて綺麗だったので、のんびり出来ました。

二日目は、ほとんど予定を入れてなかったので、ゆっくりチェックアウトしてから、午前中にお土産の調達。丁度良く、旅館から歩いていける距離に、金谷日光ホテルのアンテナショップや、日光カステラのお店があったので、そこで母から頼まれたお土産を買い、そのまま、すでに始まっている東照宮駐車場渋滞を横目に徒歩で移動。金谷日光ホテルで、百年カレーを食べ、ついでにクロークからお土産を発送。金谷ホテルのオリジナル段ボールで梱包もできて、丁度よかったです。カレーを食べたのは、ホテルのラウンジで、軽食を置いてあるようなお店でした。ランチの時間が始まる前に着いたので、まったく待つことなく、中庭が見える席で、優雅にカレーを食べることが出来ました。

そのまま、また徒歩で駅へ移動。隣駅あたりから続いているらしい渋滞を避けて、東武日光駅から歩いてくる人もたくさんいました。

駅に着いたのはお昼すぎ。帰りの電車は夕方。やることがないので、駅前でレンタカーを調達し、いろは坂へ。前日にも観光バスで通っているのですが、『頭文字D』世代の旦那がぜひ自分でも走行したいというので、今度は旦那の運転で坂を登りました。

坂までの道でも渋滞はあったのですが、前日の観光バスが回避ルートを通っていたので、そこを通りました。乗ってて良かった地元の観光バス。いろは坂も、ベストシーズンの紅葉の時期には動かないぐらいの渋滞だそうですが、それに比べれば比較的スムーズにでした。借りた車は少しパワーが足りなかったようですが、旦那も楽しんでいたようで何より。

そのまま、中禅寺湖から戦場ヶ原まで行き、前日には見れなかった景色を楽しむことが出来ました。帰りのいろは坂もそこまで渋滞はせず。でも、みんな、おっかなびっくり降りていく中で旦那がグイグイ降りていくので、前の車に迫りすぎてちょっと怖かった。

時間を大幅に余らせて、駅に戻り、車を返却。電車の時間まで時間は余りましたが、ギリギリになるより余裕があるほうが良かったです。暇だったけど。

帰りも特急の指定席を取っていたので、いつもは、自宅まで眠気をこらえながら運転する旦那も電車の中で爆睡できて、良かったと思います。

何に使ったか、イマイチ思い出せないけど、すごくお金かかったのは正直痛いけど、G,Wに旦那と旅行するなんて、この先、何回もあることじゃないと思うので、まぁ、良しとします。出張で稼いできてくれてるみたいだし。

連休の残りは、買い出しに行ったり、私の趣味に付き合ってもらったり、旦那のリクエストを聞いたりと、比較的ゆっくり過ごしました。その半分ぐらいを鼻をかみながら過ごしたわけですが、旦那が帰ってきてくれたので、常備薬が異常に充実してるので、効きそうな風邪薬を服用できました。栄養剤も二種類ぐらい飲んだし。

買い出しでも、私では運転が下手で入れない駐車場にも難なく駐められるので、重いものや嵩張るものを買うことができたし、自分では面倒だからやらないことも、色々と気にしてやったり、やることを促してくれたりするので、やっぱりいてくれると助かるんだなと感じてます。疲れますけど。

まぁ、まだ一週間ぐらいですから、これから、お互いに疲れが溜まって、衝突することはあるだろうな。旅行前にも私が小爆発したし。それは仕方ない。溜まるものは溜まる。できるだけ、被害の少ない形で発散させるしかないんだと思う。旦那がどう思ってるのか知らないけど。私は被害妄想気味な所があるし、旦那は夢見がちなところがあるので、衝突はしやすい方だと思いますし、調整していくしかないんでしょうね。

それでも、連休の間、仲良く過ごせて嬉しかったし、旦那も気を使ってくれてるのがわかったので、しばらくは頑張れるかなと思えました。