読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

7日間分の蓄積。

旦那が再び出張に出かけて早一週間。さっそくダレています。今月は年末年始に休みがあった関係で、日曜しか休みがないのに、前日の土曜日に夜更かしして、起きたのは12時過ぎ。そこから、ご飯食べて風呂入って、洗濯して、昼酒飲んで、昼寝して、起きたら21時すぎでした。昼寝直後から旦那がLINEにメッセージ送ってたみたいなんですが、当然、起きるまで気づかず、5時間ほど放置してしまい、起きてから返信したら、怒ってました。前日は夜更かししたと言いましたが、実際寝たのは2時ぐらいなので、ガッツリ10時間寝てるんですよね。にも関わらず、夕方5時間ぐらい寝てるわけで、さらに23時ぐらいに就寝したので、起きてたのは実質6時間。逆にその時間だけで、ご飯食べて、風呂入って、洗濯して干して取り込んで、弁当のおかず作って、録画してたバラエティ2本と、オンデマンドでアニメ2話見れたんだから、まぁ、十分だったんじゃないかな。眠った割に、疲れは取れないけれども。起きてる間にお餅とかアイスとかナッツとかカロリーはしっかり取ってますけど。弁当のおかずは、作り置きして翌週分の昼飯になるわけですが、帰省した時に義母にもらった缶詰のスープを使ったら、なんか一味足りない感じのおかずになったけど、完成形のはずのスープにさらに調味料を足すとか怖いので結局一味足りないままのオカズを持ってきました。あまりに一味足りなかったら、チーズとかぶち込もうと思ってます。塩気は正義。

土曜の夜に録画していた長編ドラマと、オンタイムでは見なかったけど、なんか話題になってて気になってオンデマンドの配信ドラマを見ました。

長編ドラマの『オリエンタル急行殺人事件』は原作を読んだことがなかったので、純粋に、トリックを楽しめて、アガサ・クリスティ、ぱねえぇと思いました。2夜目のクライマックスである、殺人を犯すシーンでは、涙が出てきました。なんに対する涙なのか、よくわかりませんでしたが、犯人の気持ちがすごく伝わって来たんだと思います。とても、見応えのあるドラマでした。キャスティングも豪華過ぎでした。

オンタイムで見ずに、ネット配信で観たのは、『問題のあるレストラン』東出くんが出てると知って、ネットで見たんですが、悪い東出くんは良かったけど、それ以上に見ていて痛かったです。女性に対する暴力シーンが好きだという人は、あんまりいないと思いますが、私も苦手です。本当に苦手。主人公の友人が会議室で理不尽な目に合わされるシーンは、本当に嫌な動悸がするぐらい見ていて辛かった。ドラマだとわかっていても嫌です。氷水ぶっかけられるぐらいじゃ、済まないようなことだけれど、今後、主人公達がハッピーになるのを見届けたいので、最期まで見ようと思います。

あんまり、性差について考えたくないんですけど、夜、寝ている時にインターホンが鳴った気がして、寝ぼけていたし、本当に鳴ったかどうかもわからないんですけど、もし自分が男だったら、こんなに怖いと感じなかったのかなと思うと、少し理不尽に感じました。あと、旦那がいたら、怖くても、大丈夫だと思えるのになって思うと、やっぱり会社を恨みたくなりました。男に生まれたかったと思ったことは、多分、ありませんが、女は面倒だと思うことは何度かあったし、全ての男が憎いわけでも、全ての女が味方なわけでもないんだけど、とりあえず、早くオートロック付きマンションに住めるようになりたいです。