読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

寒くても寒いけど。

ここ数日で、グッと寒さが増した気がします。とうとう朝、起きる前にエアコンを入れて部屋を温めてから起きるようになりました。寒くて着替えられないんだもん。暑いのも嫌いだけど、寒いのも苦手。一応、北の方の生まれではあるんですけどね。だからって、寒いのが平気なわけじゃない。大体、日本海側と関東だと気候が違うので、まず、冬に晴れてるのに寒いってのが本当に理解できなかった。寒さは曇空や雨や雪がもたらすものと思ってた。晴れてるのに、日差しは温かいのに、空気が寒いっていう関東の冬を、あと何年住んだら、当然のこととして受け止められるんだろう。受け止められていなくても、寒いのは寒いので、ヒートテックやら裏起毛タイツやら仕込んで、乗り切るのに必死ですけどね。昨年の冬から、ズボンの下にタイツを履くという技を使い始めたので、なんかもう、戻れない所に来てる感じがします。母から、ズボンの下に何枚履いてるか的な話を聞いた時は、何言ってんだこいつって思ってたのに・・・。でも、それだけだと普段、通勤に履いてるパンプスでは足が寒いです。足の、甲が寒いんです。あそこだけタイツのみの状態だからね。昨年の自分がどんな靴を履いていたか、思い出せないのが怖いです。オックスフォードとか履いてたのかな。でも、2足あったオックスフォードの一足が、靴底が剥がれて使えなくなったので、履き替え用にショートブーツを買いました。昨日。ネットで。どうせ買うなら、今日の忘年会に履いて行きたいと思って、配送先を会社にしました。どうせ、受け取るの自分だし。少人数の事務所だからできる暴挙です。自分でも、ダメだと思ってるよ。帰る時間までに来なかったら、アウトどころか、受け取るの月曜になっちゃうんで、来ることを祈ってるところです。頼むよ!

自分は足がコンプレックスな分、足フェチでもあるので、通勤中によく、人の足や靴を見ます。近頃は、生足なのがJKぐらいですけど。っていうか、まだナマ足ってすごいなって思ったけど、自分もJKだった時は、雪が振っても、コート着てても、ブーツ履いてても、ハイソックスでした。太ももがすごい冷たくなってた気がする。とは言え、校内では基本、ハニワスタイルでしたけどね。さらに、自分の母校ではそのころ白以外の靴下は校則違反だったので、紺のハイソックスもダメだったんですけどね。自分はJKの頃からこじらせ気味だったので、どうしてもルーズが履けなくて。正確に言うと、母にルーズを履きたいと言えなかったんだよね。もっと正確に言うと、勇気を出して、「ルーズが欲しい。」と言ったら、「ああ、そろそろ買わなきゃね。」と言って、ブーツを買ってくれたので、それ以降言えなくなりました。ちなみに、私が卒業した次の年から、白以外もOKになったので、今は、ハイソックス派の方が主流でしょうね。そりゃ、ルーズよりハイソックスのがマシでしょ。最近は、制服にもニーハイ合わせてる子もいたりして、なんかコスプレに見えてくる。自分の頃にもあったら、履いてたかな。それも、買ってって言えなかったかな。服飾品は親持ちだったからな。その辺の欲求が三十路でニーハイとか三十路でミニスカとかに表れてくるのかしらん。自分のお金でまともに服を買うようになったのは、多分、社会人になってからじゃないかな?学生の頃も、家は出ていたけれど、帰省する度に買ってもらっていた気がする。あ、社会人になってからは、帰省する機会が減っただけで、嫁に行くまで正月に帰る度に買ってもらっていたわ。こういう格好したいなっていう欲求を、もっと早く満たしていられば、もう少し歳相応の格好をするようになってたのかな。顔つきがキツイので、どちらかと言うと、Oggiとかに載ってるような服装が似合うと思うんですけど、そういう服って高いよね。いや、一般的に高級な部類に入るかはわかんないですけど。私には高いです。で、女子大生か女子高生が集うような店かネットで買うことになるわけですね。似合ってるかどうかは、ちょっとアレですけど。前よりはコンサバ寄りになっては来ているけど。いっそのこと、ゴスロリ系とか着れば、普段は地味でいようと思うのかな。でも、自分の美意識と自意識がそれを許してくれないんだよね。お金もないしね。世のアラサー女子は、被覆費にどれぐらい掛けてるもんなんだろう。先日の飲み会で、後輩の20代前半の男子が、彼女が服に金をつぎ込み過ぎてて、将来が心配的な話をしてましたが、生活を逼迫するほどの服ってどんなんだろう。Oggiとかに載ってるやつか。彼女はアパレル系にお勤めらしいので、そういう面でも、買わざるを得ないところもあるんだろうな。その分、お給料を貰えればいいんだろうけど、そうでもないらしいし。でも、自分が高いなって思う服でも、それを売っているっていうことは、需要があるってことだもんね。優先順位の問題もあるし。自分がお金かかってるのは、間違いなく食費だもんなぁ。服を買いたいからって、食べるのを我慢する人もいるんだろうね。我慢するまでもなく、食費かからない人もいるだろうし。したいことを全部叶えられるぐらい稼げれば、何の躊躇いもなく、色んな服を買って色んな格好が出来るんだろうけど、なけなしのボーナスも貯金と帰省費用に消えそうです。貯金は消えるわけじゃないけど、自分が自由に使えないって意味では、手元からは消えると同じなのよね。旦那がいない間は監視を逃れてる気分で、結構好き勝手買ってますけど。そんな感じで、気候や金銭面と闘いつつも、それなりに好き勝手な格好をしているわけです。今日も、クソ寒いけど、忘年会だからスカート履いてきました。寒すぎて朝から腹下しました。やっぱり可愛いには根性が必要なのかな。まぁ、自分の場合はスカート履いたぐらいで可愛くなれるわけじゃないけどね。全ては自己満足ですよ。

さて、会社の飲み会は可愛いあの子にセクハラかまして以来ですよ。さすがに今回は、そんなことのないように自制します。私の他にも女子が来てくれることになったので、抑止力は十分です。後は飲み過ぎない、電車で帰るを目標に、今年最期の飲み会を忘れたいものにしないように楽しんできますよ。早く、ブーツよ届け!