読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

湘南は一人で行かないほうがいい。

私のヒトリ充っぷりは、まぁ、既婚貧乏OLの割には悪くない方だと思う。お金がなくて行かないところは沢山あるけれど、一人だからという理由で行かないところは、そんなに無いと思う。

しかし、一人で出かけて、ああ、一人で来るんじゃなかったと思った、今のところ唯一の場所が、湘南である。

昨年の夏も旦那が出張で不在にしていて、私は一人だった。住まいを移ってから、鎌倉や湘南が少し近くなったので、せっかくだから、海が見たいと思い、出かけることにした。

海を見るだけではつまらないので、食道楽らしく行ってみたいと思っていたお店も探しておいた。

早朝から家を出て、まずは世界一の朝食を出すというお店に行った。

開店前から行列ができている。大体がカップルや友達連れで、並んでる間は少し居心地が悪かったけれど、出てきたパンケーキは美味しかったし、隣に座った人も一人だった。お店の人の配慮が嬉しかった。お店を出てからは、江ノ島を眺めながら歩き、使い慣れないデジイチを構えて、周囲によくわからない言い訳をしている気分になりながら、次の目的地へ行った。

天然氷のかき氷を出すというお店は住宅地の中にあった。まだ開店前で、行列も出来ておらず、並ぶのも憚られたので、しばし散歩でもしようと海へ行った。

片瀬海岸は人がまばらで、歩いていても、なにも気にならなかったけれど、鵠沼海岸は、ビーチバレーやらサッカーやらをする人や、海の家の開店準備をする人など、なんだか人が多かった。その中を一人で歩くのは、なんだか恥ずかしく、海の家の人に呼び込みされて、余計に居た堪れない気持ちになった。逃げるように海岸をあとにして、お店の方に戻ると行列が出来ていた。少し待ってから食べたかき氷はとても美味しくて優しい味だったけれど、私は二度と湘南には一人で来るまいと心に決めた。

 

ということがあって、しばらく湘南からは足が遠のいていたけれど、先日、久々に行ってきた。もちろん一人じゃない。友だちが一緒だ。

ただ、友達とは、住んでる場所が違うため、江ノ島までの交通手段も全く重なるところがないので、現地集合になった。致し方ない。

集合場所は、ランチをするカフェにした。テラスハウスでも使われたという、川沿いのおしゃれなカフェだ。天気が良かったので、テラスに座った。

江ノ島が少し見える。

ランチをして、おしゃべりしてから、目的地へ移動した。

お目当ては江ノ島水族館だ。私は2回目。友達は初めて来たそうだ。

入り口近くには大きなツリーが飾ってあり、よく見るとオーナメントが魚やクラゲの形だった。もう年末だね、と溜息まじりにつぶやく。

ショーを見て歓声を上げたり、魚を眺めてすごいね、と言いあったり。彼女は尻尾の切れてしまったエイが底でじっとしているのを見て、「死んでるのかな?」と言ったり、ウミガメを謎の鳴き声で呼び寄せようとしたり、かなり楽しい人なので、終始笑いは絶えなかった。因みにエイに関する発言をしたすぐ後に低学年ぐらいの男子が同じこと言っていて、さらに爆笑してしまった。

途中で外に出て、伊豆半島に沈む夕日を見たり、それをバックに写真を撮る高校生を羨ましがったり、カフェでお茶をしたりした。日が落ちた後に、また水族館に戻り、今度は夜の展示を楽しんだ。そこここで、プロジェクションマッピングをやっているので、それを見たり、昼間とは違って眠そうな動物たちを見たり。

昼過ぎから夜までガッツリ遊んで話して、すごく楽しかった。

完全にデートだったね、と笑いあいながらそれぞれ帰路に着き、私は電車の中でその日取った写真の画像を見返した。2人で写った写真があるのが嬉しかった。

 

湘南は、一人で行かないほうがいい。一人で来ている人がほとんどいないからだ。鎌倉辺りなら、一眼レフをぶら下げた女子が歩いていてるイメージもなくはない。

でも、海に近づくにつれ、一人でふらふらしている人がいなくなる。

歩いてる人は大抵、犬を連れている。要するに、地元の人だ。

明るさは、人を集める。

 

江ノ島水族館もカップルと家族連ればかりなので、できれば、誰かと行ったほうがいいと思う。水槽の中の魚や動物について、誰かと話したほうが楽しい。

でも、みんなが水槽を見ているなら、一人でぼんやり眺めるのも悪くないかもしれない。

http://instagram.com/p/vaPTNvvfdE/

海月姫聖地巡礼で一人で行く人が増えますように。

海月姫 コミック 1-13巻セット (KC KISS)

海月姫 コミック 1-13巻セット (KC KISS)