読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の事しか語れない。

日々の彼是。脳内垂れ流し。

そして繰り返す。

私の可愛いあの子は、いつもいい匂いがする。

香水なのか、シャンプーなのか、柔軟剤なのか、わからないけど、いい匂いがする。

すれ違った時に、ふわりと香り、ああ、今日もいい匂いさせてやがるなぁ、と思うだけなのだけれど、時々ちょっとムラっとするのは、私が匂いフェチだからだろうか。

旦那は強い香りが苦手なので、旦那がいる時に香水は付けない。

ボディソープも強い香りのものは避けるし、柔軟剤も少ししか使わない。

母からもらった香水サンプルの詰め合わせは、なかなか減らないので、だんだん色が抜けてきた。それでも、香りは変わらないので、旦那がいない隙に付ける。

フローラルな甘い香りは、控えめなので、あの子には多分、届かない。

しばらく鳴りを潜めていた、あの子への衝動のようなものは、ふとした時に顔を出す。香りを感じた時や声を交わした時だけじゃなく、恋愛小説を読んだ時とか。

また、どうしようもない妄想が広がっていく。わりと現実に則した、でも、まったくのファンタジーである、妄想。

絶対に現実にならないと思うからこそ、好き勝手に妄想できるんだろう。

前提からしてあり得ないからこそ。妄想の中でなら、拒否されたり拒絶されたりしないから。

身体だけを褒められて、求められても嬉しくないという人がいる。私なら、いいなと思う人からなら、それでも、構わない。それでいいから、承認欲求を満たして欲しい。見た目だけを褒められたことがないから、そう思うんだろうか。

付き合った人からは、すべからく見た目で好きになったわけじゃない、と口に出して言われた気がする。そうだろうね。それで、中身が全部好きというわけでもないらしい。そりゃそうだ。私だって、そうだもの。私だって、自分のことが全部好きなわけじゃないもの。

全部じゃなくていいんだ。ほんの少しでも、興味を持ってもらえたら、拒絶しないでくれたら、私からも、少しだけ、分けて欲しいと言えるのに。

そんな大それたことを、とても口には出せないから、密やかに心に浮かべる。

綺麗なことだけ考える。単純で、漫画チックで、ベタベタな展開で。

私は、あの子のことを何も知らないから。本当に口に出した時に、どういうリアクションをするのか、全然分からないから、私の都合のいいように展開される。

どんな風にキスするのかとか、どんな風に身体に触れるのかとか、どんな風に繋がるのかとか、絶対に知り得ないことを想像する。確かめようのないことを。

身体だけ求めるのは、私の方。触りたいと思うのは、私だけ。知りたいと思うのも、私ばかり。

都合の悪いところは、全部忘れて、見えないものは無かったことにして、自分だけの海に潜る。できるだけ息が長く続けばいいと念じながら。

 

年下の男の子 (実業之日本社文庫)

年下の男の子 (実業之日本社文庫)